メニュー

オリックス銀行カードローンが便利

オリックス銀行カードローンは消費者金融よりも低金利と言われていますが、じつは借りる金額によっては必ずしもそうとは言えません。少額の利用においてはオリックス銀行カードローンの金利は優れておらず、大手の消費者金融と同水準となる場合があります。

 

 

オリックス銀行カードローンでは、金利は契約限度額によって変わるようになっています。100万円を超えないような少額の契約内容では、金利は上限である年利17.8%が取られる可能性があります。

 

年利での17.8%は大手消費者金融のカードローンサービスとなるプロミスの上限、実質年率17.8%と同等であり、少額利用においては「オリックス銀行カードローンは低金利」は当てはまりません。

 

では、オリックス銀行カードローンは消費者金融と比べて何が優れているのか、有効に使える借り方は何なのかと言えば、契約後のカード利用です。オリックス銀行カードローンは消費者金融には無いサービスがあるため、お得に便利に使えるのです。

 

余計な手数料をゼロで借りる

カードローンサービスはその名の通り、カードを使ってローンを利用するものです。契約後の発行がされるカードをATMで使い、限度額の範囲内で繰り返し自由に借りる商品です。

 

銀行や大手の消費者金融なら、自社のATM以外にもコンビニや提携する金融機関のATMでカードが使えるようになっています。ただ、使えるとは言っても利用のたびに手数料がかかるもので、一度あたりの手数料は100円や200円と消費税だとしても、繰り返し使えるカードローンにおいては、トータルで大きな出費となりかねないのです。

 

手数料負担は無駄でしかありませんが、オリックス銀行カードローンでは提携ATMでの利用手数料が、じつは終日無料となっています。終日無料とするのは曜日も問わないため、平日だけでなく土曜日や日曜日でも時間を問わずにATM手数料が無料です。

 

金利には違いがないとしても、手数料の負担が無ければ実質的に負担をする金額は抑えられます。金利だけで見ればオリックス銀行カードローンは少額の借り入れで消費者金融と変わりませんが、ATM手数料の面を含めると優れたカードローンとなるのです。

 

ATM手数料を無料にしてお得に有効にオリックス銀行カードローンを使うなら、申し込みを進める前にオリックス銀行に申し込む前にを見ておき、基本情報を確認すると良いです。

 

カードローンを無理なく返済する方法

近頃ではすっかり浸透されつつあるネットバンク。ネットの環境が整っていることで便利に活用できるので、大変ニーズが高まってきています。なかでもじぶん銀行カードローンは、限度額300万円以下なら収入証明書の提出が不要になるので、急ぎの方にはとても便利。また既にじぶん銀行口座を持っている方は本人確認書類も不要なので、手を煩わせることがありません。

 

このじぶん銀行カードローンの最大のメリットは、借入れ金を毎月無理なく返済できるということです。日々の生活に余裕がないため月々の返済はなるべく少額で返していきたいという方に、金利の額によって1,000円、1,500円~単位で返済できるしくみになっています。借りる側に対して安心できる金額設定なので、毎月返済のためだけに働くという生活ではなく余裕を持つことができるのです。

 

借入れ申込み基準は、パートやアルバイト、専業主婦のかたでも所定の条件を満たしていれば申込みは可能です。さらに三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資したネットバンクなので、auユーザーは特にオトク。au限定割りを利用できるので、割安な金利でカードローンを利用することができます。金利はずっとついてくるものなのでこれは見逃せません。

 

様々な優れるカードローン

その他にも優れるネット銀行のカードローンが存在し、金利や条件で選ぶならイオン銀行カードローンにも注目をしておきたいものです。同じく専業主婦の方でも利用が出来るようになっているため、配偶者の安定収入があれば内緒でお金が借りられます。

 

極度額は50万円までに制限はされますが、専業主婦でも借りられるイオン銀行なら安心です。申し込みも契約機もネットや郵送で来店不要となるので、手続きの進め方をイオン銀行カードローンは来店不要で見ておきましょう。